ラブライブ!5th

1月31日にラブライブ!5thを見にいかせてもらいました。

いや、感想から言いますとね、本当に凄いものを見せて頂いた。

ライブってこうも感動するんだ。そういう経験がまず初めてで。

歌の持っているパワーなどもあるのだろうけど、圧倒的な本人達のパワーが凄かったような気がする。

全員がお客さんの為に、全てを満足させようとしているようにみえて、格好良すぎて。

同じ舞台に立つ者(全然違うけど広角的にとらえてね)としても学ぶ場所は山程あるし。演出なんてのもやっぱり一応見るし。

するとやっぱり本気度って伝わるんだよなあ。

だから素晴らしいのだ、と思う。

自分もアニ×ワラというイベントをやっていて、決してさいたまスーパーアリーナは目指さない現状だけども、あんな大きい場所で出来る事はなんだろうと考えてみたり。

刺激をたくさん頂いた、という感じですね。

素晴らしい。ありがたい。

力もらった。

いつかどこかで誰かに返せるように頑張ります。

本当にありがとうございました!

感想はツイッターやメールフォームに!

20/300

本が進んでます

先程先輩の本を紹介させて頂きましたが、いやいやまだまだありますから。僕が本出しますから!

という事で3月18日に待望の続編「芸人ディスティネーション2」が発売されます!

ライトノベルというジャンルなのでちょっと手を伸ばしづらいなんて言わないでください!

芸人の世界がリアルに書いてある「半自伝的ライトノベル」という新たなジャンルを切り開いております。

つまりはまあ、買って頂きたい。

一巻読んでない方はご一緒に。

僕が書けるものの天井を毎回出しているつもりです。

というかそうでないと面白くない。

それしか出す異議はないのです。

だから読んで欲しい。魂を。

本坊さんほど出せているかは難しいけど、それでもやらせてもらってますので。

是非是非。

といいながらもまだ絶賛作業中ですけどねー。

19/300

プロレタリア芸人という本

僕の先輩ソラシド本坊さんが本を出しました。

「プロレタリア芸人」という本です。

本坊さんは、ずっと東京で現場の仕事をやられています。

若手芸人は楽な仕事、楽なバイトをやりたがる中、選んだのが「日雇いの現場」。

人とは違う所に野イチゴを探しにいけ、という秋元康さんの言葉を地でいくような徹底的な突撃スタイル。

やっぱりそんな所には面白さだらけです。

そんな面白い現場でのエピソードがたくさん書かれている本。

しかも面白いだけでまとめられたくない。

最後まで読んだら僕は泣いてしまいました。

もうね、文才が凄いから。

魂が届くのだなあ。

これが文学じゃないかなんて、文学知らないから言ってしまいたくなるような。

本当にもう、根こそぎやられたなと。

マジで読んで欲しい。

皆さんにどう届くのか教えて欲しい。

是非。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%8A%B8%E4%BA%BA-%E6%9C%AC%E5%9D%8A-%E5%85%83%E5%85%90/dp/4594072038/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1422932411&sr=8-1&keywords=%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%89+%E6%9C%AC%E5%9D%8A

リンクしないかもだけどここからAmazonでも買えるから。

是非是非。

18/300

アニ×ワラは目標

さて、アニ×ワラについての話を。

アニ×ワラってね、僕の中でとても大きい一つの目標でありまして。

これができたら自分の中で何か変わるんじゃないか、くらいの。

変わらなくていい部分もあるだろうし、そうじゃないと変われないのかと思われるのも嫌なんですけど、それにしても、僕がやりたい事を僕のために僕がやらないと一体誰がやるんだと。

いつまで見る側でいるんだと。

僕はギャンブルが好きです。あまりそういう風に言われなかったりしますが、無茶苦茶好きです。何かを賭けているという状況がたまらなくアドレナリンが出てたまりません。

でも最近は遠のきました。

それはなぜか。

だって、アニ×ワラっていう、もっと大きい勝負事しているから。

どうやって、5月23日に行うイベントを、渋谷O-EASTなんて大きい場所をどうやって埋めるのだと。そういう勝負ですから。実際どうするのこれ。キャパは半端ないサイズ。

もう考えただけでアドレナリン出ますよね。

そのために何をやるのか。何ができるのか。来てくれる方に向けて僕は一体何が出来るのか。何が出来ないのか。

決して自分に妥協せず、でもこのイベントを成功させるためには動かなきゃいけない事柄は山ほどあって。

その中の流れにあったのが手売りですね。手売り自体は別に僕が考えた事な訳なく、いろいろスタッフさんも気を使ってやってくれた部分からスタートしました。

にしても、僕は人の案に乗る事が恥ずかしい性分です。だって手売りって、決して新しいシステムではない。当然最近でいえば手売りのみで2000枚売ったキングコング西野もいます。

それに一枚5000円のチケットを、一体誰が買ってくれるのかと。出演者未定ですよ。ギャンブルにも程がある。

でもこのO-EASTのサイズを埋めるには人の考えた事でもいいからやる。

人の考えた事をやりたくないなんてちっぽけな僕のプライドはマジでどうでもいい。

お客さんを入れないと、次のアニ×ワラは出来ません。

うちの会社というのはその部分にはとんでもなくシビアです。

つまり今回、いや、今回だけでなくとにかく一回もミスなく進めないと目標として挙げた「武道館公演」には届かないのです。

だから本当にやるしかないんだ、な訳です。

だからやります。

僕の売る時間はある。これに同調してくれる方がいるのなら、それを待つ。

そしていざ手売りを初めて僕は本当に良かったと思いました。

いろんな人と会話ができる。お客さんのガチの意見が僕にとって、アニ×ワラにとってなんて素晴らしい意味をもっているのか、すごく感じました。

僕はチケットを買ってくれる方、差し入れを入れてくれる方、いろんな方に直接誰が好きか、アニ×ワラは来てくれたのか、なぜここに来てくれたのか聞くようにしてます。

それを聞いて、いろいろ繋いでいく、そんな事が出来そうだなと思ったからです。

だからまだまだ手売りの目標まで行ってませんからどんどん手売りします。

しゃべりに来てくれるだけで嬉しいんです。

よろしくお願いします。

感想はツイッターやメールフォームに送ってください!

17/300

タイムシフト

最近ね、あのタイムシフト機能を持っているレコーダーを買いましてね。

これはね、本当に楽しいですよ本当。

一週間分のチャンネルをすべて録画してくれているので、一週間以内に見るならどの番組でも見られるというやつですよこれ。

やりましたねこれは。

本当に楽になりましたよこれ。

見逃すテレビとかなくなりましたよ。いやありがたいですよ。

バラエティを最近全然見てなくてですね。それをこうやって改めて見られるというありがたみ。

ツイッターであるんですよね。

「○○見た?面白かったよ!」

なんていうやり取り見たときに、家にいればいいですが外に出てたらどうしようもないじゃないですか。そもそもそれをリアルタイムで見れたらいいけど3時間後とか平気にあるじゃないですか。

いやあ、楽だよ楽。

思った番組、全部見れるもん。

アニメなんてもともと撮ってたの楽になったもん。

あー、楽最高。

でもこうなると選ぶ力が大事になるよね。

それをいかにして選ぶか。

物事は選ぶことで成り立つね。

また選んでみますー。

ゆるりゆるり。

16/300