アヴェ・マリタ-レ!という舞台を終えて

「アヴェ・マリタ-レ!」という舞台を終えました。

とにかく素晴らしい舞台でした。説明出来ないんですけど、本当に天津向として成長させて頂きました。

浅沼さん。本当にありがとうございました。素晴らしい脚本をいかにして邪魔しないか、自分として間違いじゃないかを考えながら役をやらせて頂きました。僕みたいな芝居が得意じゃない人間にいろいろご指導もありがとうございました。

当然役者の皆さんも素晴らしく。

内容も温かいですが、それに負けない人の温かさをたくさん感じました。

馬鹿みたいに飾らない言葉で言うなら、終わって欲しくなかった。

それくらいあの空間には「何か」があったと思います。

そういや稽古あまり出られなかったんだよなあ。

そんな中人見知りの僕に喋りかけてくれた役者さんもいて。

ありがとうございます。

芸人が役者さんに気をつかわせるってこれ何よ。本当恥ずかしい。

でもありがたかった。千秋楽には皆さんと距離が近づけたと思います。

最後には、皆さんを下の名前で呼べるくらいまで近づけた(笑)

僕を作っているものは、間違いなく周りのモノでしかなくて。

今回のお芝居ではありませんが、全てが僕への影響があって。

絶対にこの経験が、これから先僕の人生を支えてくれる要素になると信じています。

信じているというより、そうなるんです。

だから良い経験をさせてもらいました。

皆さん、ありがとうございました。

最後に。この公演はDVDでも発売される予定だそうです。

「アヴェ・マリタ-レ! DVD」などで調べたら分かるのではないかな。

絶対に見てくださいね。

よろしくお願いします。

明日が千秋楽

今やっている舞台「アヴェ・マリタ-レ!」が明日千秋楽を迎えます。

いよいよ、この走り抜けた日々も明日終わるんですね。なにか寂しい感じです。

しかし内容は当然ゴリゴリのコメディ。笑いが絶えない素晴らしい舞台です。

これは見て欲しい、と自然と思える作品ってあまりないと思うんですね。何か政治的に告知しなきゃ後でどう思われるか分からない、みたいな感じもあったりして。

でも全然そうじゃないんですよね、今回のこの「アヴェマリ」は。

自分から告知したい、見て欲しいと真摯に思っている作品です。

多分ね、皆さんの観劇の歴史を塗り替えるような気すらするんです。

それは僕が言うことではないのかもしれないけど、とにかく台本が素晴らしく、演者が素晴らしく、スタッフさんが素晴らしいんです。

紹介しない理由がある訳がない。

マジで、これは口を酸っぱくするくらい言いますけど、「もう一回見とけば良かった」なんてもうそんな後悔はやめましょう。

「もう一回見て良かった」でいいんです。

「見て良かった」でいいんです。

とにかくまだ見てない人に見てもらいたい。ネタバレもあるのでね、なんとも言えないんですが、とにかく絶対損はさせません。

お待ちしております。これくらいしか言えないですけど。

本当に。

お待ちしております。

さて

いろいろとチロチロと書かせてもらってます。

今「アヴェ・マリタ-レ!」のお芝居中でして。

これがこないだも書いたけどずっと楽しいんですよね。

とにかく皆さん見にくるべきなんだよなあ。

もう、説明がそうとしか出来ないんだけど、その意味は絶対分かりますので。

面白いし紹介出来るって数少ないかもだけど、その数少ないモノに入るのでね。

見て後悔することはないよ。見ないで後悔は山程あるだろうけど。

本当、騙されたと思って。

騙されないで欲しいんだけど。

マジそれな。

今日と明日しかないから、それをマジで。

信じて。面白いから。

面白いこと

面白いことって、いろんな角度であると思うんですね。

それをどのような形で解放するか、それが命題になってくるような気がするんです。

漫才、コントなら一番分かりやすい。

トークやモノボケでも届くのは届く。

芸人以外のジャンルが届きにくいのかもしれない。

その中にお芝居も入っているのかもしれなくて。

お芝居って、僕は門外漢の部分を出し過ぎているのかもと思って。

今日ですよ。

何か未だに自分が照れているぞ、と思うと最悪だと感じてきて。

照れるなよ。自分が演じているだけで。

もっと照れるべきところあったよ。

スベッているところとか見てられないよ。

でも、舞い降りて来る仕事で、それを受けたならやるしかないよね。

走り続けて何か見てやろうと思えるかどうかかも。

きっと楽しい景色だと思うんだよね。

だからそこに負けないように。

負けてもいいんだけど、馬鹿にされないように。

頑張っていることを馬鹿にしないように。

今日もまた一日よろしくお願いします。

アヴェマリタ-レというお芝居

昨日から、アヴェマリタ-レというお芝居に出させて頂いてます。

これがまたおもしろいのなんの。

とにかく最上級コメディといっても過言ではないと思います。

作演出は浅沼晋太郎さん。

声優もやられています。

いや、もともと縁あって浅沼さんと知り合わせてもらえて、何回かお芝居の方も見にいかせてもらったんですが、その時点で「なんておもしろいんだ!」とずっと思ってたんです。

コメディだけでなく、たまにショッキングな台本も書かれたり。

それ故にすごい才能だなあ、羨ましいなあ、と思っている時期があったくらい、素晴らしい脚本を書かれる人だ、と思っていました。

それが、また縁が縁を呼び、こうやって出演させて頂くことになりました。

そんな縁あるのか、マジで。すごいな。

とにかく自分が出ているから言う訳ではありません。これはマジで見にいくべき芝居です。

本当に、お芝居ってこういうことが正解なんじゃないかな、なんて僕は思ってしまうくらい。

それくらい、素晴らしい出来、素晴らしい役者が揃っていると思います。

なので、是非今日から21日まで行っています。

足をお運びください。

出演者としての意見ですが、絶対に後悔はさせないので。

よろしくお願いします。