「スルガと僕の感情大戦」

著者 天津 向 all

14.4.10

「スルガと僕の感情大戦vol31」

そう呟いた後、僕は目的を思い出し、とりあえずクローゼットを開ける。するとそこにはたくさんの女性っぽいというには少し幼いような服がたくさんあった。
「服はちょっとボーイッシュなんだよなあ。多分こういう少女趣味と思われたくないんだろうなあ」
部屋と服を見比べながら呟く。さてさて、どの服が一番良いのだろうか。というか、普通にここにかけている服はダメだ。おそらく服の中でも一軍の服だらけだろうし、それが無くなっているとなると絶対に騒がしい事態が起こるのは目に見えている。
「となると…下か」
ハンガーにかかっている服の下に段ボールが二箱。きっとそこに服の二軍を入れているのだろう。そう思った僕は段ボールを開ける。
「なかなか開かないな……よし!……こ、これは!」
そこにあったのは、俗にいう下着、というやつがたくさん入っていた。しかもそれは黒であるとか赤であるとか、布面積が少ないであるとか、とにかく派手という言葉しか思いつかないようなそんな下着ばかり。なかには金色のスパンコールみたいな物もあった。
「え?こ、これを有里音が穿いている、のか?こ、こんな、もうセクシー過ぎるパ、パンツを……?」
かなりドギマギしていたのは、やっぱり全く有里音に、こういう女子的要素を感じなかったからだ。イメージになさ過ぎる。僕はパニックになっていた。
だからこそ後ろの物音に気付けなかったのだろう。
「……!?」
気付いた時にはもう遅かった。振り向くと、いつも朝に顔を合わせる家族がいた。
しかし朝の時なんかよりも遙かに怒りのオーラを纏った僕の妹が。
「あ、亜寿沙、こ、これは違うんだ!」
「違うって……何が違うのよこの変態兄貴-!」
次の瞬間には亜寿沙の右足の体重が乗った見事な蹴りが、しゃがんでいる僕の顔にヒットした。
そして意識を失った。

14.5.2

「スルガと僕の感情大戦vol32」

次の瞬間、天井がかすんで視界に入ってきて、そのぼやけた世界を辿り出して思い出す。
体を起こすと、そこには亜寿沙とスルガが楽しそうに談笑していた。
「お、起きたのか威砂貴」
こちらに気付いたスルガが手を振りながらそう言う。その言葉でこちらを見る亜寿沙はとんでもなく汚らしいモノを見る眼だった。
「何ですかあなたは」
急によそよそしく喋った亜寿沙。その言い方の冷たさにぞくっとする。
「い、いやだなあ亜寿沙さん。僕ですよ。兄の威砂貴ですけど」
気圧されて僕もつい敬語になってしまう。
「私に兄なんていませんけど」
「いやいや!いるよ!ずっとあなたが産まれた時からいるよ!」
「それは生き別れの……的な話でしょうか?」
「いや違うよ!目の前にいる兄貴だよ!」
つんけんとした顔をしながら相も変わらず淡々と話を進める亜寿沙に対してしっかりめにツッコむ僕。しかしそれに対して亜寿沙は笑う事もない。
「意地悪しないでくれよ亜寿沙」
「妹の部屋を勝手に見るような人をお兄ちゃんだと思いたくないんですけど」
「それはそうだな!ごめん!それにしても少し理由があって」
言った僕の台詞に驚きを隠さず口に手を当てる亜寿沙。
「理由!妹の下着なんかを見ている事に理由!なんて変態な理由が聞けるのかな?ヤバイ、聞きたいような聞きたくないようなだよ!」
「だからそういう事じゃなくて!」

14.5.8

「スルガと僕の感情大戦vol33」

僕はとにかくこの誤解を解くためになんとか会話をしようとするも、亜寿沙は聞く耳を持たない。
「理由より……そもそもあんな下着を履いているというのもどうかなとは思うが……」
ぼそっと呟いた僕の台詞に対して、亜寿沙は顔を真っ赤にした。
「バ、バカじゃないの!?あんなひ、卑猥な下着なんて履かないに決まっているじゃない!わ、私、ラクロス部だよ!」
ラクロス部だと派手な下着を履かないというのは逆偏見だと思うのだが。
「あれは、あれだよ!秀美さんが送ってきて!『もうあんたも良い年なんだからこれくらいのセクシーな下着とか履いて同級生の男子を悩殺しちゃいなさい!』って書いた手紙も入っててさ!」
……なるほどね。ちなみに秀美さんというのは母さんの妹、つまり僕ら兄妹の叔母さんに当たる人で、先程の話から分かる通りかなり男性に対してアグレッシブな人だ。そんなこんだでついたあだ名は『女豹』だとか『女郎蜘蛛』だとか『ひでちゃん』だとか。
まあ『ひでちゃん』は関係ないんだけど。
「それをなんで私の所有物みたいに捉えているの!私のは全然あんなのじゃない!もっとシンプルな白いやつとか……」
とまで言って亜寿沙は顔を紅くしてこっちを睨む。
「何言わせるのよ!」
そう言うと手元にあったクッションを僕に向かって投げてくる。
「最低ね!」
「そうだそうだ、威砂貴は最低だぞー」
内容を分かっているのか分かっていないのか、適当なトーンで野次を投げてくるスルガ。いや、誰の着替えの為にこんなに揉めていると思っているんだよ……そもそもなんでスルガと亜寿沙が普通に喋っているんだよ……