「スルガと僕の感情大戦」

著者 天津 向 all

13.2.2

「スルガと僕の感情大戦 vol.1」

ジリリリリリ……
どこにでも売ってる目覚ましの、どこでも聞ける音が睡眠を遮る。
慣れてる音とはいえ、音の鳴った瞬間のこの心臓を奪われるような不快感には毎度心が沈む。
「ふぁあ…もう起きなきゃ」
昨日夜通しテレビゲームをやっていたせいで睡眠時間もほとんど取れていない。布団から出るのすらおっくうだ。はやく起きないとまたもう一つ不快な音が始まってしまうから…と思ったのが先か音が先か。
ガンガンガンガン!
「威砂貴!起きなさい!もう学校行く時間でしょ!」
…タイミングはあちらの方が早かったか。
「大丈夫だよ!もう起きてるから!すぐ降りるよ」
「早く降りてきなさいよ!朝ご飯冷めるわよ!」
「ったく…今フライパンの音で起こすなんて一体いつの時代だよ…」
目を擦りながら部屋から出て二階から一階に降りる。台所に向かうと、母と妹が朝ご飯を食べている。ここ何年変わってないいつもの光景だ。
「もー、お兄ちゃんまた寝坊してる」
妹の亜寿沙はいつものように鼻がかった声で喋っている。風邪でもなくこの声が、好きな人と嫌いな人で別れるかもしれない。
「別にそんな寝坊って時間じゃないだろ。そもそもこの時間にアラームを鳴らしているんだ」
「そんな事言ってるんじゃないよ!もう少し早く起きなさいって言ってるの!」
正論を言ってくる妹がこんなに可愛くないとは思わなかった。そもそも妹萌えだのなんだの言ってる人の気持ちが僕には全く分からない。幼い時から一緒にいる血を分けた兄姉に萌えるなんて。ただの変態じゃないかと思ってしまうのだがどうだろうか。大概そう思ってるのが世界の原理だろうが僕はその原理を何倍にも濃くしてそれを口にしたいのだ。濃くしてで思い出したが、カルピスでは案外僕は濃いのより薄いのが好きだったりする。だからどっちかというと、友達は金持ちより貧乏の方がありがたいかなと思ってしまう。
いやいや。それはともかく、立派な兄が妹に正論で言いくるめられてる場合ではない。
「別にいいだろ。部活もしてないしこの時間で学校も遅刻しないんだから」
「あ!ちぇっ!今日牡牛座11位だ!」
そう言ってみるも当の妹はもうテレビの血液型占いに夢中だ。落ち込むも、しかしこれ以上の討論は無駄だろう。とりあえず、母は僕を冷たい目で見てる。大概この表情というのは早く食器を洗いたいという顔である。その表情をなんとか緩和するためにも僕は目の前にある食パンと目玉焼きを口にかき込んだ。
「行ってきまーす!」
妹は部活の朝練でだいぶ早く家を出ていった。部活はラクロス部らしい。ラクロスなんて正直あまり僕からすれば何のスポーツか分からない。なんか昔お菓子のCMでやってたなという印象だけだ。そもそもあの網がついた棒はなんなのだ。あれを使ったスポーツってなんだ。あの棒の名称なんだ?そもそも何人でやるスポーツだ?いやこれから僕はラクロスをやってるという人間に出会う事があるのだろうか。なんかないような気がするのだがどうなんだ。まあ本当にどうでもいい事しか言ってないのだけど。とにかく朝練に行ってるという事が伝えたかったのだ。後余談だが亜寿沙は、あれはあれで男子に人気があるらしい。分かりやすいツインテールと幼い顔がものすごいハマる人にはハマるとか。高校に人数は少ないながらもファンクラブがあるという話を聞くと、もう世の中は終わってしまったのかななんてシニカルな事を思ってしまう。
なんて。人の事はどうでもいいのだ。こちとら母の皿を洗わせろというおそらく世界の朝の中でも最大のプレッシャーに勝たなければならないのだ。そのプレッシャーになんとか勝って朝食をたいらげる。そして足早に部屋に戻り、まだ一年と少ししか着ていない学生服に腕を通す。
「行ってきまーす」

13.2.5

「スルガと僕の感情大戦 vol.2」

朝食には手間取ったが、とりあえず始業時間には間に合いそうだ。外は分かりやすいくらいの晴天。これくらいの時間にこれくらいのペースで学校に向かうのが自分に一番合ってるのだろうなあ。ゆっくり歩きながらそんな事を考えていたら、後ろからとんでもない大声が聞こえてきた。
「おはよー!」
「お、おはよう」
声の主は浅岡有里音。今でこそ家は離れたものの昔から知ってる、俗に言う幼なじみってやつだ。
「いさちゃん、まだだいぶ眠そうだけど大丈夫?」
いさちゃんなんて呼ぶのは先述した通り幼なじみという立場の賜物なのである。だって他にいさちゃんなんて呼んでる人いないし。そもそも有里音自体子供の時に僕をこう呼んでたか定かではない。
「昨日もどうせゲームとかしてたんでしょ」
「どうせって…俺だって勉強とかで夜更かししたりもするかもしれんだろ」
「いーえ。いさちゃんは試験が近くにないのに勉強しないもの!」
「ぐ…そう言われると…痛い」
その台詞を聞くと僕の方を見て有里音は笑った。眼鏡と長い黒髪が似合うその笑顔がやけに今日はまぶしかった。この有里音も亜寿沙と一緒でだいぶ男子人気はすごいのだ。聞く所によるとおとなしそうな雰囲気の中にフェロモンがあるらしい。これは亜寿沙の時より分からないではない。しかしフェロモンと言われたらあまりピンと来ない。昔から知ってるからこそなのか。やはり僕は妹も幼なじみも、属性というのがないらしい。
しかしそんな事を考えてる事すら知らないだろう無邪気なこの幼なじみはお喋りをやめない。
「だからいさちゃん!最近テストの順位も良くなかったりするじゃない。だから私が勉強教えてあげるから」
「いいよ。昔じゃあるまいし、お前に教えてもらう事なんてない」
「いいの?学園トップに教えてもらう機会なんてそうそうないよ!」
「そういうの自分で言うものなのか?」
「まあ、また気分が変わったら教えてよ。いつでも私はその準備OKだから!」
そう言って有里音は走っていった。有里音は生徒会長もやっているから今日は何か生徒会の何か、会議的な事があるのだろう。そうでないと、運動音痴な、あの有里音が走る事なんてあるはずがないだろうから。
「きゃっ!」
ほら、走っていった先でつまずいている。そもそもあそこでつまずく事なんてないだろう。確か何もない所だ。有里音は少しバツが悪そうにしてこっちを見て舌を出してまた走っていった。

13.2.12

「スルガと僕の感情大戦 vol.3」

今日もまた普通の一日だ。いろいろ毎日違う所はあるとはいえ、ほぼ変わる事なく進んでいく毎日。おそらく僕の一生というのはこれがずっと続いていくのだろうと漠然と思っている。それはおそらく正解だろう。いつもの兄妹ゲンカ、母の皿を洗う音、いさちゃんと呼ばれる言葉、別に変わる事なんてない学校への通学路。これに対して何が変わる事なんて何もない。
と思っていた。

その瞬間に。

あまりにもそれは突然すぎて僕はどう反応していいのか分からなかった。いや、どちらかというと、それは想像の範疇内の出来事、というかもっと絞った言い方になると、それはそういう特殊な小説を読んでいれば分かりやすく反応できていたのかもしれない。
つまり。
ドンガラガッシャーン!
その通学路の道程の中で、いきなり俺の目の前に空から女性が降ってきた。それも赤髪の。見た事ない服を着てる。その肩には何かキノコに似た物が乗っている。
「なんだなんだ…?」
置かれている状況が全く分からないままただただ立ちすくんでると、その赤髪が起き上がってこちらを見てる。
「…えっと、大丈夫でしょうか?」
勇気を振り絞って聞いてみた。
「キム、どんな感じかなこの子?」
あれ?この赤髪誰に一体誰に喋りかけたのだ?と思った瞬間。
「んー、ちょっと待ってくれよ。なるほどね、レベルは25から40、属性はセカンドだ。決して悪くはないけどな」
初めは誰が喋ったのか分からなかった。目を凝らしてようやく分かった。喋ったのはその肩に乗せていたキノコだった。よく見たらキノコの柄と思ってた所に顔に見える何かがある。
「しかし時間がない。この状態からすればもうこれは確定で問題ないだろう」
「なるほど。サンキュー、キム。そうだな。ファーストの方が私には合うんだけどな。でも…これは何がなんでもそうしなきゃいけないという事か。」
どうしよう。何か勝手に話が進んでるのだが、いかんせん何の話か分からない。これは君子危うきになんとやらだ。とりあえずこの場から立ち去ろうとしたその時。
その赤髪に手を掴まれて体をその身に寄せられた。そしてこの怒濤のまるでフィクションのデパートみたいな状態の中で、それを全て記憶から消すような一言を耳元で呟かれた。

「お前…私の武器にならないか?」

13.2.21

「スルガと僕の感情大戦vol.4」

一瞬…を超すような、もっと言えば永遠にしか思えない思考停止。その挙げ句出した答えは非常に陳腐な結論だった。

『この子は何を言ってるのだ?』
やばい。さっきまでの違和感がはっきりと言葉になった。
この子は頭がおかしいのだ。
「いえ、えっと、僕はそういうの分からないので」
「まあ、今襲ってきてる相手は格下だから大丈夫だから」
「いや、全然会話になってないのですけど」
「まあ決して痛かったりはしないから」
「いやだから聞いてますか?僕はそんな事をする義理も何も」
「よし、とりあえず目をつむってくれ」
「だから聞けって言ってんだよ!」
こんなに会話が出来ない事なんて今までの人生でなかった。妹との会話なんてこの無理問答と比べたら、序の口でしかなかったんだなと痛感した。しかし、その自分に対する虚無感なんて今から進めなきゃいけない事に比べたらそれもまた序の口だった。
とりあえずこの赤髪の意見を全否定する。それが今の僕に与えられた最高で、最大のミッションだ。
「すみません、とりあえず僕はもう全く何も分からないので、帰らせてもらいますから」
「そうか、名前もまだ言ってなかったな」
これはもう無理問答のチャンピォンでも叶いっこないな。
「名前はスルガ。スルガ・ヴァン・セリウス。スルガでいいよ。よし、武器。お前の名前は?」
もう武器って呼んでるんだけど。その名前を聞く限り日本人ではなさそうだ。
「で。お前の名前は?」
「僕は…葉壁。葉壁威砂貴」
「威砂貴か。うん、いい名前だ。よし、威砂貴。武器になれ」
うわあ。全然聞いてない。どうしよう。むちゃくちゃだ。とりあえずもう無視して帰ろう。
と思った瞬間だった。くそ。えらく瞬間が溢れてる。
寸。
という音と共に今までそこにいなかった男と女がそこに現れた。
「よう。見つけたぜスルガ。こんな所にぼーっと立ってるなんて思わなかったぜ」
「別にお前みたいなものに隠れるなんて事考えてもなかったからな」
「減らず口だな。まあ、それがお前が最後に喋る減らず口になるわけ…だがな!」
ドゴオオオオン!
また懲りもせず変な音が鳴ったな、と思ってたらそのレベルではないとすぐ気付いた。
飛んでくる粉塵とすごい風。一瞬何が起こったのか分からなかったのだけど、それが今さっき現れた男が起こした攻撃のせいだと分かったのはその男が急に喋ったから。
「スルガ、まだ武器は見つけれてないんだろう?お前みたいな一流が何もやり返さないって事はそういう事だわな」
「半分正解って所だな…別に私は武器を見つけれてない訳ではない。なんなら武器はもう見つかってるのだ」
と言って俺を少しの笑顔で見てきた。やばい。これはもう逃げようもないのかもしれない。

13.2.27

「スルガと僕の感情大戦 vol5」

「さあ、威砂貴よ。来い。大丈夫だ、始めは怖いかもしれない。しかし、じょじょに慣れて、最終的には快感になるものだ」
「なんかもう全然違ういやらしい言葉にしか聞こえないんだけど」
「そうか、じゃあもっとそっちに寄せてもいいか…威砂貴…来て…」
「いやだからそういう事ではなくて!」
そのやりとりに辟易したのか、男がしゃべり出す。
「おいおい、そんな男が一体どんな武器になるっていうんだ?」
「黙れ。お前みたいなザコに分かるレベルの話じゃないんだ」
「ほう…うちの武器を見てもそう言えるかな?」
男はそう言うと、横の女性(だいぶ若い感じがする、中学生くらいか)の胸に手を当てた。僕はびっくりした。そういう公衆の面前で、なんだかんだをやるという人がいるのは知っていたけども、まさか目の前で繰り広げられるとは!
「いや、威砂貴、それは違うぞ」
どうやら僕の心の声はだいぶと大きな声を発していたらしい。
「じゃ、じゃあこれは…」
「言ったろう。武器だと」
そう聞いた瞬間にその女の子の胸から一本の槍が出てきた。
「え?」
「分かったろう?これがこの男の武器になるものなのだ」
「いや、え?」
やばい。どう考えたって理論的ではない。そもそも何故こんな僕より身長が低い女の子から2メートルを優に超える槍が出てきたのか。
「そうか、マジックだ!なるほど、そういう事か」
「威砂貴、現実を見ろ。これはマジックではないぞ」
「そうか、あの子はプリンセステンコー的な女の子だった訳だな。なるほど、そう考えると全ての道理が繋が…」
言い切る前にその男はその槍をこちらに力任せに振りかぶってきた。避けようがないという一瞬で僕は体が勝手に動いていた。否。スルガに抱えられ、空に浮いていたのだ。これ自体もえらくプリンセステンコー的になってしまってるのだが、あいにくな現実を見せられたような気がして、僕は気付けば叫んでいた。
「こ、これ一体なんなんだよ!」
「だから何度も言ってるだろう。私の武器になれと」
「武器になったら終わるのかこれが!」
スルガは少し考えて、細い声で言った。
「ああ。何にせよ終わるよ」
槍の男の攻撃はまだまだ続いている。僕は、ただスルガに抱えられ、その槍の猛追から逃れているだけだ。僕がそのままなら僕は何度も何度も死んでいただろう。しかしスルガも決して反撃する事はなくて、これを僕はどう取っていいのか全然分からなかった。
「じゃ、じゃあ早く終わらせてくれよ!」