「スルガと僕の感情大戦」

著者 天津 向 all

14.1.16

「スルガと僕の感情大戦vol26」

気付けば御徒くんの姿もない。なるほど、あんな性格の持ち主だ、きっと完全不利なこの状態をイヤがって逃げ帰ったに違いない。
スルガは先程まで楽しく戦ってたのを全く思わせない、退屈そうな顔をしてそのままグラウンドの出口に向かいだした。
「あ、待って!」
「なんだ威砂貴。せめてお名前だけでも、か?」
「いや時代劇などでありそうだけどこのシチュエーション!」
「名はスルガ・山下タトゥー郎だ」
「嘘ついちゃった!後なんだその雨は夜更け過ぎに雪へと変わりそうな名前は!」
こんな会話をしていようが、スルガは決して足を止めなかった。僕は立ち上がり、体に付いた泥を少し落としてスルガを追いかけた。
しかしこうやってスルガと並ぶと、スルガがそのあまりにも特殊な格好である事に気付き、僕の方が少し恥ずかしくなる。
「あ、あのさスルガ」
「なんだ?好きな鍋は土鍋だ」
「いや、聞きたくもないし、食べる方の種類じゃない事にもびっくりしてるし」
スルガは不思議そうにこちらを見て首を傾げる。
「何が言いたいんだ威砂貴は?」
「いや、ちょっと聞きたい事がいっぱいあって」
「ほう、なんだなんだ、うら若き男の子に聞かれる事が多いなんてスルガ、君も隅に置けないな」
キムさんが嬉しそうに跳ねている。いや、別に彼女いますか?なんて事を聞く訳ではないのですけれど。
「いや、えっと、スルガはずっとその格好なの?」
「ん?そりゃ戦いに備えた格好だからこの格好になるだろうが、どうした?」
何かイメージがあるのは僕がゲームを好きでよくやっていたからだろうが、その格好は赤い、簡単なタイプの(そんな風にカテゴライズされるのかは別として)鎧だからだ。RPGなどで出てくる女戦士が着てるような服。しかしイメージよりは露出が多くない――それがまた寂しかったりするんだけど――という、おおよそこんな田舎町を歩く格好ではないからだ。
「ずっとその格好って事は、いつかその服を脱がしたりしたい、って事を言ってるんだな、威砂貴!なあ!威砂貴!」
このキノコはむほむほ言いながら僕に目を血走らせて聞いてくる。うるさいので裏拳をしてやりたかった。

14.1.19

「スルガと僕の感情大戦vol27」

いや、そんな事を言ってる場合でもない。
「スルガ、もしあれだとその格好、何かしらで着替えた方がいいのではないでしょうか」
「はて?何が問題あるというのか?」
甚だ疑問、という顔でこちらを覗き込むスルガ。そりゃそうだ。僕が気にしている事なんて、絶対に、絶対にスルガからすれば興味ないという事だから。
「でも、そういう訳にもいかないよねー」
そう呟きながら後ろを振り返ると、50代くらいのおばちゃん二人がこちらを見ながらヒソヒソ話をしている。おそらく会話のテーマはスルガの格好である事は間違いない。僕は焦りながら
「あー、やっぱりこういう格好は非常に萌えでありますなー!コスプレはたまらんであるで候-!萌え-!女戦士萌え-!」
と嘘臭すぎる言葉を並べる。するとあちらから
「ああ、そういう人達みたいですわよ」
「コスプレって言うのよねあれって」
「逆にそういうので良かったわよね。変態じゃないかなと思ってましたもの」
「奇遇ね!私もよ」
なんてやりとりが聞こえる。これは一旦セーフ、という形でよろしいでしょうか?よろしいなら助かったな、という感じだ。
しかしこれだけで周りを納得させる訳にもいかない。
「スルガ」
「なんだ?好きな裁判所は家庭裁判所だぞ」
……裁判所に好き嫌いなんてあるのか。
「いや、そうじゃなくてさ、うーん」
「なんだ威砂貴?キレが悪いな。何が言いたい?それくらいもじもじしてるのは、私の世界の男子だとするとモテないぞ」
そう言われた瞬間、僕はピンと来た。
「そうだ!スルガ、その格好、きっとそっちの世界では当たり前の格好なんだよね?」
「あ、ああ。そんなに奇抜な格好ではないな」
「そこなんだよ!こちらの世界では少し違和感ある格好に見えてしまう」
「確かに同じような格好の人間に会った事がまだないな。あちらでは今の格好の人間なんて山程いたというのに」
そうなのか?こんなセクシーな格好の人がたくさん?おいおい、ちょっとそちらの世界に行ってみたいなあ、なんて思ってみたり。

14.1.23

「スルガと僕の感情大戦vol28」

いや、今はそんな事を言っている場合ではない。どうする、俺?
「あ、スルガ、その格好は、て、敵からすれば目印みたいになってるんじゃないかな。例えば、やっぱりこの世界では違和感ある訳だから。めんどくさい戦闘が増えると思うんだ。それなら、めんどくさい戦いは避ける為にも着替えた方がいいんじゃないかな、なんて」
スルガは顎に拳を起き、少し考えて
「戦い自体にめんどくさいという感情を持ち合わせてないのだが」
本当に戦闘狂ですねこの人。本当にもう。
なんて思ってるとキムさんがまた肩から顔を出す。
「スルガ、確かに戦闘はめんどくさいなんて事はないかもしれない。しかし、君が何かしてる時に襲われたらどうだい?例えば君が美味しい美味しいピザなんかを食べてる時に邪魔されるとか」
スルガの顔つきが完全に変わる。その顔は驚愕の表情であり、そして絶望の顔にも見えた。
「そ、そんな!例え敵とはいえ、ピザを食べている時に攻めてくるやつなんてこの世にいる訳がないじゃないか!」
声を震わせながら必死に抵抗するスルガ。いや、どう考えても敵なんだからそういう人はいるだろうと思うのだが。
「スルガ、認めたくない事実だろうけどね……ピザを食べている時に攻めてくる敵は……」
キムさんはしっかり間を取っている。スルガは固唾を飲んで見守っていて、僕もそれに見習うように沈黙を守る。
「………いるよ」
「そ……そんなっ!」
頭を抱えてその場で崩れ落ちるスルガ。いや、そんだけためたらどんな言葉が出てくるか分かりそうなものなのだが、そんな事はおかまいなく落ち込むスルガ。
ふとキムさんの方を見るとウインクを僕に向けている。目論みに気付いた僕は間を埋めるように口を開く。
「あ、そうなんだ!じゃあ、この格好は気を付けた方がいいよね!この格好のせいでピザを食べるの邪魔されたら仕方無いよね!」
スルガはそれを聞いても全く崩れ落ちた姿から動かなかったが、急にふと立ち上がった。
「……着替える」
強く覚悟を決めた顔だった。

14.2.23

「スルガと僕の感情大戦vol29」

そうやってなんとか着替えさせる気持ちを成功させたのは良かったのだが、その服を一体どうするのだという話になってくる。
僕みたいな者が、女性の服でここ!という店を知ってる訳も無く、かといって手に入れる為にちょいと洗濯物を…なんてなると真剣な盗人だ。それをやる勇気も無謀さもない。
うーんと唸って、自分の女性の履歴を脳内で探った結果、一件がヒットした。
亜寿沙、つまり僕の妹である。
妹なら、このスルガの身長と一緒くらいだし、問題はないのではないだろうか。いやしかし、妹の服を勝手に持って行くというのも、今さっき挙げた盗人とさして変わらないのではないだろうか…
「おいー威砂貴-。どうするんだー?」
見るとスルガは体を左右に動かしながら、こっちを退屈そうに見ている。それはまるで子供が親の井戸端会議の終わりを待っているようなそれだった。
やばい。せっかく服を着替えさせるタイミングが来たというのに、これを逃している場合ではないぞ。
「よし、スルガ、とりあえずこっちだ!」
時間をかけている場合ではない。とにかくスルガを自分の家の方向に連れて行く。
「おそらくこの時間なら、多分まだ亜寿沙は家に帰ってないはずだから…」
淡い期待を胸に、なんとか家まで小走りで向かう。
そして家に着く。いつもの下校にかける時間と比べると、だいぶと早く着いたが、僕は玄関前で少し息を整える。
「どうした威砂貴?ここが目的地なのか?入らないのか?そもそもここはどこだ?走ってた時に皆がこっちを見ていたがなんだったんだ?もしかしてピザを食べるのをジャマしようとしているのか?何故息が切れているのだ?息が切れる程まだ何もしていないではないか?体力がないのか?」
…疲れている時に、こうも質問攻めされると何も答えられませんけど。と思うも、僕はスルガを軽く睨みながらゼエゼエ息を切らす事しか出来なかった。

14.2.25

「スルガと僕の感情大戦vol30」

なんとか息を急いで整えて、そこから、とりあえず玄関を開けて靴の感じを見る。ふむふむ。いつもなら靴が脱ぎ捨ててある感じなのだが今日はそんな事はない。なるほど、まだ亜寿沙は帰ってきていないみたいだ。
それを確認すると、後ろにいるスルガを玄関の中に入れる。ここは迅速に動かなければならない。なぜなら、スルガを玄関に立たせておくと、ご近所さんから変な風に思われる事請け合いだからである。
「ほう、これがこの世界の住まいなのか…」
えらくほう、ほう、と言いながら四方八方を見るスルガを横目に、僕は一旦妹の部屋に行く事にする。
「お、おい、待て!どこへ行く?」
「いや、すぐ帰ってくるから!着替える服を用意してくるから!」
そう言って二階の妹の部屋へ。しかしドアの前に立つと案外緊張している自分に気付く。
「…そういや、妹の部屋に入るのって、いつ以来だ…」
呟いたとて、正確な時間が出る訳でもない。が、おそらくここ3年は入っていないだろう。そう思うとどうも奇妙な背徳感に苛まれる。
「いや、そんな事を言っている場合ではない!」
僕は目を瞑ってドアを開けた。それは少しばかりの罪滅ぼしだったのかもしれない。
そっと目を開けるも、当然そこには誰もおらず、少し良い匂いがした。
見渡すと、全体的に非常にガーリーな部屋で、基調はピンク、になるのだろうか。そう思わせるには充分過ぎるピンクの布団の所には可愛いライオンのぬいぐるみがあり、壁には可愛い女の子5人組のアイドルのポスター。
とにかく女子の部屋、という感覚が強い部屋だった事に僕は驚いた。
どっちかというと、がさつなタイプだと思ってたのに、こんなにも少女趣味な感じだったとは…。
机も当然甘ロリのような色使いで、それこそポエム帳なんてものもあるんじゃないかな、なんて本棚に目を軽く通すと、背中に『AZUSA POEM NOTE VOL4』という、ノートには少し分厚い文具を見つけてしまった為、僕は頭を抱えて、それから目を離す。
「しかも4か…けっこう巻数出てるなあ…」