「スルガと僕の感情大戦」

著者 天津 向 all

13.8.4

「スルガと僕の感情大戦vol21」

「ようやくおでましかい、待ちくたびれたぜ」
そう言って、彼、御徒くんは付けていたヘッドホンを外した。
「まあいいや。なんかさ、葉壁。お前さっきの教室でもそうだったけどさ、うざいんだよ」
ほう。なかなかな本音でぶつかってくる奴だね。担任の先生ならお前の事を抱きしめたいくらいだよ。
「そして今日の事だろ。いつかお前に天誅を食らわさなきゃな、なんて思ってた時にお前がこの狂舞大戦にエントリーしてるのを知った」
大会の名前は狂舞大戦というのか。
「それなら好都合、という事でこうやってわざわざお前を待ったんだ。お前に敗北の味を味あわせるためにな」
「そんな事しなくても、話し合いで解決できないのかな」
「はっ!話し合いだ?お前と話す事なんて何もない」
「いやしかし…」
「分かった。話すなら、俺はお前を倒したい。あんだけ周りに迷惑かけるくらい教室でうるさかったお前をこの場でボコボコにして、地面にはりつかせたい。これで話し合いは終わりだ」
「おい。どうでもいいが戦うのは私だ。御徒。お前は武器でしかないのだぞ」
水色の女の子が口を開いた。髪の毛がはっきり水色で短めのツインテール。歳は、8、9歳に見えるが、体全体が放ってる落ち着き方がもっと大人に見せている。といってもそれでも14、5歳な訳だが。
「分かってるよムーブ。しかしこいつとはちょっといろいろあってな」
「それは知っている。だからこそお前の我が儘を聞いてこうやってあやつが来るのを待ってたのではないか」
「すまないな…だがもう大丈夫だ。さっさとやっちまうか」
「ああ」
そう言うと水色の女の子は御徒の体から武器を取り出した。大きい青竜刀。その武器を持つ水色は、どうも不格好で、しかしそこがいい!という輩もいるのだろうな、と思った。
「おい威砂貴」
スルガが退屈そうに目を擦りながら言った。
「あちらも臨戦態勢だ。こちらも戦わせてもらおうじゃないか」
「…そうだな」

13.8.9

「スルガと僕の感情大戦vol22」

そう言うとスルガは僕の体に手を当てた。
僕の体から一本の剣が現れる。一回目はパニックであまり分からなかったが、その剣は多少ピンクがかっているのが分かった。そして前回より少し落ち着いてる自分にイヤな気分がした。
「キム。相手の武器は?」
「うん、セカンドのレベル40から60。なかなかな強い武器なんじゃないか?しかもこの威砂貴とのやり合いでよりレベルが上がってるような気すらする」
「そうか…よし威砂貴」
「な、何?」
「あまり私から離れるなよ…行くぞ!」
スルガは前回同様の早さで敵に斬り込んでいった。今回もまた一瞬で勝負が決するかと思ったその時。
駕琴!
という金属同士がぶつかった時に生じる独特の音がした、と思うと、スルガが斬り込んでいった時に立った砂埃も落ち着いてきて二人の姿が見えた。
鍔迫り合い、というのか。日本刀などで言われる例えなのでこの場合適切とは思えないが、お互いの武器でお互いの武器を止めている状態になっていた。しかしこう見るとあまりにも体格が違いすぎて、スルガが相手の子供を虐めてるようにしか見えなかった。
「ほう…やるねえお前」
「…まだ全然準備運動だよ」
と言うと水色は受け止めていた青竜刀の刃の角度を90度回転させ、面が大きくなったその自身の持ってる青竜刀に向かって、全体重を預けるドロップキックをした。それによって先程の均衡が崩れ、スルガは体をよろめかせる。するとその隙を見て水色がスルガの脳天に向かってその武器を振り下ろす。確か青竜刀は斬るというより叩きつぶす武器だったっけ、なんて事を思い出してる場合じゃない。やばい!
だがスルガはそれを予想してたかのように剣で身を守った。かなりの衝撃だったのだろう、スルガが膝を地面に付けた。大丈夫だろうか、なんて思ってスルガの顔を見ると笑っていた。

13.8.20

「スルガと僕の感情大戦vol23」

「いいねえ、お前。だいぶ強いじゃないか。お前、名前は?」
「…ジェム。ジェム=クライダルフ=フォクト」
「ジェムか。よし、ジェム。お前に最大の敬意を払って私も本気でこの勝負に臨もう」
「…本気じゃなかった、と?」
「正直ね、僕もこの大会初めてではないのでね、いらない老婆心みたいなのがついてしまったというか、序盤からフルでいく訳にはいかないのだ」
するとキムが少し顔を出した。かなりびっくりしてる顔。これはどうやら老婆心というよりキムの忠告だったっぽい。その手柄を取られた形だからびっくりしているのだろう。
「面白い。それでこそ、あのスルガだ」
水色…改めジェムが、戦いの流れを変えようとしたのか、自ら剣を引き、少し下がった。状態は違えど、戦う前と同じ距離になった。
僕は別に当然ながら戦いの才能がある訳でもないが、この空気から二人の強さを感じていた。しばしの沈黙。この間が次の一手をどうするか見てる者からしても興味深くなる。その間を破ったのは、舞台にいる二人ではなかった。
雁!
鈍い音と共に僕の頭に衝撃が走る。
え…?
倒れながらも衝撃のあった方も見るとそこにはあのあちら側の武器…御徒くんが立っていた。手には鉄パイプを持っていた。
倒れた僕に向けて嘲笑している御徒くん。いや御徒。
「な…何を急に…」
「何を急にじゃねえよ。もともと俺とお前の因縁からのスタートだろ?当然ここのケンカもあるに決まってるだろ?」

13.8.27

「スルガと僕の感情大戦vol24」

「知ってるか?この戦いではな、武器が命を無くすと実際あの、お前の所の赤髪が持つ武器も消滅する。そりゃそうだろってな事なんだがな、この戦いに参加してまもないやつはそのあたりを見紛う事になる」
「?」
「俺たちが武器であるという事は、俺たちもしっかりとこの戦いに足を踏み入れてるという事だ。そういう事がわからないような甘ちゃんは」
と言って御徒は鉄パイプを振り上げた。
やばい!と思った瞬間。
目の前に大きな影。見覚えのあるこの赤髪。
スルガが僕と御徒の間に入り、剣で鉄パイプを防いでくれている。
「大丈夫か威砂貴!」
「あ、ああ…ありがとう…」
「言ったろう、私からあまり離れるな、と」
「こうなる事が…分かってたのか?」
「いや。何も分かってない。どっちかというと、基本そうしてくれという気持ちだ」
そうか。シンプルでいいや。
そんな事を言ってる間に、明らかに焦りの表情が表に出ている御徒はジェムに向かって怒鳴った。
「おいジェム!何ボーッと立ってるんだよ!早くこの赤髪を倒せよ!」
「分かってるさ。偉そうな口を叩くな武器のくせに」
「これで負けたら俺が一体どうなるか分かってるんだろうな!」
「知らん。大丈夫だ。行かせてもらうぞ」

14.1.9

「スルガと僕の感情大戦vol25」

またジェムが突進してきた。この早さに一人反応したスルガが、カウンターを狙うかのように突進してくるジェムに突っ込んでいく。
「それではいかせてもらうぜ…」
そう言ったが先か、スルガの全身から何か赤いモノがたゆたう糸のように出てきた。これが俗にいうオーラという奴だろうか。
「いくぜ!」
と言うとスルガの剣はまばゆいばかりに光り、スルガが出していたそのオーラと交わり剣が一回り大きくなった。
「く、くそう!」
ジェムもその振りかぶりを青竜刀で防御するも、その青竜刀がはじかれる。
怒御緒緒緒緒緒緒緒緒恩!!!!
とんでもない音と共が僕の鼓膜を襲った。そんな中眼だけは閉められなかった。この戦いの結末が来る瞬間というのが肌で感じられたからだ。
決着。
完全な決着だ。
スルガのポーズはその剣を振り切ったのが伝わるポーズだった。
僕はジェムの方を見る。そこには満身創痍のジェムが、横に倒れていた。傷からはとんでもない量の血液が出ていて、見ただけで完全に「最後」の二文字が頭に流れる。
「く、くそ……しかし、私ごときにこんな苦戦してるようでは…これから先が思いやられるな、スルガ…」
「はっ!私ごとき!」
スルガはそう言うと首を振りながらつまらなそうに笑った。
「自分の事を私ごとき、なんて言い方するような奴に私は全く興味がないんだよ、ジェム…だったっけ?くだらねえくだらねえ。自分を最強と信じてないやつなんかに、この僕が倒せる訳ないんだ」
そう言ってる間にスルガが持っていた剣が徐々に小さくなり、気付くと消えてしまっていた。