「スルガと僕の感情大戦」

著者 天津 向 all

13.5.17

「スルガと僕の感情大戦vol16」

…沈黙がクラスに流れる。声の聞こえた方を見るとあまり喋った事のないクラスメイトがこっちを紅潮した顔で見ていた。その瞬間を見てはいないものの、さっきのうるさいな発言は彼のものだろう。先に喋ったのは橘だった。
「何がうるさいんだよ御徒。こっちは休憩中に遊んでるんだよ。別にお前に注意される程のボリュームじゃないだろ」
そうか。彼は御徒と言うのか。橘が知ってるという事は当然クラスメイトなんだが、いかんせん何に対しても興味がない僕は人の名前や顔がなかなか覚えられない。橘の顔と名前が一致しだしたのも、恥ずかしながら最近なのだ。
「なんだよこっちがうるさいって言ってるんだからうるさいに決まってるだろ!」
御徒と呼ばれた男はセミロングの黒髪に眼鏡で、その指をずっと噛んでいた。どう見てもこれはザ神経質、いや神経質オブ神経質。神経質キング。
「こっちはさ、見て分かるだろ。勉強してるんだよ!それを邪魔してもらわないで欲しいなあ!」
「じゃあこっちも言わせてもらいますがね、今の君は俺たちよりも遙かにうるさいけどね-」
こういう言い回しをする時の橘は好きではない。しかしこれは言い得て妙だった。実際他のクラスメイトはこの神経質…いやさ御徒くんをみんなしかめっ面で見ている。それどころか廊下を通っている他のクラスの子ですら窓ごしに御徒くんを見ている。かなりの大きさで喋っているしそれは怒鳴り声だ。高校での事件なんてそうそうない。窓の外は好奇心の塊となっている。
それに気付いた御徒くんは廊下の塊を睨み付けた。そしてそれよりも強い睨みでこちらを見て
「ちっ」
と舌打ちして自分の机の中からipodを取り、教室を出て行った。
「あらあら。やっぱり賢い方は違いますね、36計逃げるにしかずですか」
と橘は皮肉たっぷりに呟く。有里音は有里音でほっと胸を撫で下ろしている。有里音に注目はしてなかったが、どうやら有里音の性格だからかなりビクビクしていたのだろう。今は遅く帰ると言っていたお母さんがようやく帰って来た子供の顔みたいに安心と嬉しさが溢れている。
しかしやはりこの二人というのは一緒にいて落ち着くなと思った。それは一人一人もそうだがバランスが最高なのだろう。三人でいる事が、自分の声をただ響かせるその絶妙な黄金分率。のような。そんなセンチメンタルな気持ちとクラスのさっきまでの騒がしい状態を授業の始まりのチャイムがピリオドを打った。

13.5.24

「スルガと僕の感情大戦vol17」

その後御徒くんは帰ってこなかった。それを気にする先生もおらず授業は進んでいった。そんなものなんだなと思った。

そして気付けば放課後。学校の授業が長いだとか言うやつは本当に授業が嫌いなんだろうなと思う。別に時間に長いも短いもないのだ。それをあれこれ楽しい時間は短いなとか、退屈な時間は長いとか。いやいや。どちらも等価値の時間だ。
なんてひねくれたっぽい事を思ってると右肩にはっきりした重みが来て、顔の横に見慣れた顔があった。
「よーし!帰るか!」
「お、重い…とりあえず離れてくれ」
「なんだよ、そっけねえなあ」
「仕方無いだろ重いものは重いんだから。そんな事より橘、部活は?」
「部活?ああ、今日はいいよ。とりあえず俺は俺でレギュラー確定だし、さぼる日があってもいいだろ」
「レギュラー確定?うちのサッカー部ってけっこう強豪校だったろ」
「まあねー、でも俺本当にサッカー上手いしー。二年でレギュラーって俺くらいだしー」
「…その喋り方なんとかならんかね」
「なんだって?」
「いや、なんでもない。そうか、なら一緒に帰るか」
「よし、そう来なくっちゃ。おい、有里音ちゃん!」
びっくりしてる有里音。
「今日威砂貴と一緒に帰るけど、有里音ちゃんは?」
「え?え、えっと、私は、生徒会の会議があるから…」
「そんな-、別に今日くらい大丈夫じゃない?」
「でも、一応私生徒会長だし…」
「いいじゃんいいじゃん!3人一緒に帰ってさ、それから俺途中で別れるから、そこからは威砂貴と二人きりだし」
「はうううう?ふ、二人きりとか、にゃ、にゃに言ってるの橘くん!」
だいぶ動揺してる有里音は顔が真っ赤になっていた。この色、まさに今の夕方の色によく似てるよな…あれ?
夕方の空を見てたつもりが、校門の所に目がいった。
そして、そこには今朝知り合ってしまった彼女がいた。
夕方よりも遙かに濃い赤髪をなびかせながら。

13.5.29

「スルガと僕の感情大戦vol18」

「なんで!?」
と、思ったままの言葉が口から出てしまった。それを聞いた橘と有里音が、どういう会話を直前までしてたか知らないが
「やっぱりそうだよな。ごめん、ヨーグルトにご飯は違うよな」
「ごめんね、いさちゃん」
と言った。しかしそんな声も耳に入らない。それほど僕は校門前にいるという彼女の意味が分からなかったのだ。
すると向こうも僕に気がついたのか、僕に向かって手招きをした。来なきゃこっちから行くけどみたいなオーラを出しながら。まずい。学校では極力何の問題も起こしたくないのだ。それにこんな奇妙なコスプレみたいな格好をした赤髪女が知り合いとなると有里音も橘もものすごく面倒くさいリアクションをするのは目に見えている。
となると選択肢は一つだ。
「ごめん橘、ちょっと野暮用思い出した!俺先帰るわ!じゃあな!」
と言い切る前に教室を飛び出した。
「お、おい!威砂貴!」
威砂貴!と言った後も橘は何か喋っていたようだが、僕には全く聞こえなかった。それくらい僕は全速力で走ったし、全速の心臓の音が邪魔をした。
とりあえず何をしにきたのか。それを聞かなければ。
気付いたら校門まで後少しの所まで来ていた。おそらく校門までの最速ラップになるんじゃないだろうか。校門の方は、遠目に見てもざわざわしてるのが分かった。そりゃそうだ。あんな奇妙な出で立ちの赤髪女が立ちはだかっているのだから。
そしてここまで校門の近くに来てからもう一つの問題に直面する。
『一体どうやって彼女とコンタクトを取ればいいのだ?』
ここで待たせたな、みたいな事で急に僕がしゃべり出した時、この野次馬達はなんて思うだろうか。次の日にはろくでもない噂で溢れて、僕はコスプレ趣味の変な女と付き合ってるだとか言われるだろう。なんだったらそれもまだまともな方で、あれがお母さんで、お母さんが劇的に厨二病を患っているであるとか、あれは実は女装子で、同じ趣味を持ってる葉壁を迎えに来たであるとか、最悪な噂を考え出すと無限大だ。
そう考えると今この学校の付近でコンタクトを取る訳にもいかない。しかし、どこかで待ち合わせするなんて事も不可能だ。彼女の連絡先を知らないし、そもそも彼女が携帯電話的な物を持ってるかも微妙な所だ。まあ、一度あのキノコが携帯電話を何かの例えで使ってたから知ってるのは知ってるかもだが、とにかくこの方法も無理だ。
どうする、俺。

13.6.13

「スルガと僕の感情大戦vol19」

考えた結果、僕は校門から、赤髪女の前を通り過ぎる形で全速力を継続させて走った。とにかく全速力で。そして角を4回ほど曲がってからスピードを緩める。
はあ、はあ。はあ、はあ、はあ。
息を整えながら後ろを見る。すると全く息の切れてない赤髪女が不思議そうにこちらを見てる。
「威砂貴。幾つか質問がある。何故目の前を通り過ぎた?僕はここにいたのに」
「はあ、はあ。…僕はここにいたのに…ってヒット曲のタイトルみたいに言うな…」
「ヒット曲みたいに言ってたのか。全然知らなかった。そう考えると私は天然かもしれないな」
「はあ、はあ。…天然かどうかは知らないよ…」
「で、何故私の前を走り抜けたのだ?」
「それは…簡単な事だよ。君は僕に用があって来た。しかし僕はあそこで待ってる君にストレートに声をかける訳にはいかなかった」
「なんでだ?全然声をかけてくれて良かったのに」
「僕には明日からの学校生活もあるんだ。全てをおじゃんに出来る訳がないだろ」
「ふん、それで?」
「でも君の目的はあくまで僕なら、僕が目の前を走り抜けたら絶対に追いかけてくると思った。それならば、直接的な接点は他の生徒に見られる事がない。見られなかったら後でなんとでもなるんだ」
「なるほど!それはすごい考え方だね!威砂貴はすごい賢いんだな!」
赤髪は心底関心してる様子だった。そんなリアクションがちょっとだけ誇らしかった。気付けばだいぶ息も整ってきた。

13.6.28

「スルガと僕の感情大戦vol20」

「ならば威砂貴。そのお前の賢いついでにもう一つ聞かせて欲しいんだが」
「なんだい?」
「何故ここに来れたんだい?」
「ここに?」
見渡すと、街の中でも一番大きいとされるグラウンドの前にいた。がむしゃらに走って着いた先がここだっただけだが…
「どういう事?」
「いや、さっき質問があると言ったろう?その質問なんだが、何故、まだ何も言ってないのに対戦相手がいる場所が分かったんだい?」

何を言ってるのかピンと来ないままグラウンドにもう一度目を向けた。そしてようやく視覚からの情報が、さっきの赤髪の言葉に追いついた。
「こ、これってまさか…」
「そう、また対戦だよ。その為にわざわざ君を迎えに来たんじゃないか」
「また?また対戦?」
「珍しいな、ダブルヘッダーだよ」
するとキノコがまた胸の間から出てきて口を開いた。
「しかしまあ珍しいな。ダブルヘッダーもだが、ここまできっちりあちらが時間指定してくるなんて」
「ど、どういう事ですか?」
「普通戦いなんて何でもござれでいつ襲ってもいいっていうルールだ」
「そうなんですか?」
「威砂貴、お前に会った時もスルガが襲われてた時だろう」
「そう言われればそうでした」
大事な話の途中だろうに、僕は全然関係ない、赤髪の名前をようやく思い出せた。そうだ、スルガだ。
「それなのにあちらはお前が来るのを待ってたんだ。それこそ果たし状みたいなノリでな。お前、何か因縁でもあったりするのか?」
因縁なんてある訳がない…と思ってあちらさんを確認する。
あ。
あった。
あちらを見るとまず目をひくのが小さい水色の髪をした女の子。その横には、本当に、今日の今日名前を初めて知った彼が爪を噛みながら立っていた。