「スルガと僕の感情大戦」

著者 天津 向 all

13.4.10

「スルガと僕の感情大戦vol11」

「つまり威砂貴、お前はこの大会規定第94条に乗っ取りスルガがこの大会を優勝するか、敗北するかまで武器としてこの戦いに関与しなければならない、という事だ」
そうだよね。そうなんだよね。あーあ。やっぱり、そういう事言うよね。なんかひっくり返るくらいのとんでもない事言われてるんだけども、ゆっくり気付いて良かったなあと思う。が、状態は決して変わる事はないし、とにかくこれからの事を考えると、キムさんにもう少しお話聞かせてもらわないと。
「キムさん」
「なんだい?」
「キムさん、それはもう…解約みたいな事は出来ないよね」
「当然だろ!後解約ってそんな携帯電話じゃあるまいし、そんな言い方するんじゃないよ」
キムはそう言ってケタケタ笑った。僕はその気分と反比例して心がズクズクになっていく。今初めてズクズクという言葉を感情に使ってみたが、そんなに良い使い勝手じゃなかったのでもう一生使わない。いや、違う。そんな事は本当どうでもいい。今の問題はそこじゃない。
「もう…仕方ない事なのかな」
「落ち込んでるように見えるぞ威砂貴」
そう言ったのはスルガだった。ちょうどじゃがりこ的なものを食べ終わったのか、空の箱を潰しながら指先を舐めていた。
「そうだね。落ち込んでる…っていったら落ち込んでるかな。というよりこの状態を上手く飲み込めてないというのがでかいのですが」
「何を落ち込むというのかね威砂貴。これははっきり言うがね、僕は強いよ。きっと負けない。だから大丈夫」
「いやいや。どっちかというと早く負けた方が早くこの戦いから抜けれるからいいのに」
そういうとまたスルガはただでさえ大きい二重の目をもっと開いた。
「そうだな。そうか。しかし負けてしまうと…そうか。感情的にはそんなものかもしれんな。うん。にしても変わってるな威砂貴は」

13.4.16

「スルガと僕の感情大戦vol12」

その時はなにかこのスルガの台詞に小さな違和感は感じたものの、別にこんな事が起こった後だ。心の整理なんてもんは家でやるもんだと判断して、その場の違和感は落ち着いていった。
そして僕はキムさんにこれからの戦いの時のスタンス(戦いの時はなるたけスルガから離れておく、しかし離れすぎるとその武器の能力が弱くなってしまうので、結局つかず離れずという位置にいないといけない)をあれこれ教えてもらって、今日はスルガとキムさんと別れる事にした。そしていろいろ気付いたのは、想像より僕はこういう妙な、というかむちゃくちゃな状態を受け入れる事が出来るんだなとは思った。
「それじゃ。僕帰るから」
「帰る?確かどこかに行くって」
これはさっきの話を訂正せねば。シンプルに恥ずかしい。やはり心が揺れていたのだろう。
「そうだ。僕学校に行く途中だった。ごめん」
何がごめんかは分からないけれども、とにかくごめんでこの場をごまかしたかった。そして学校に向かおうと思った矢先、どうしても聞きたいまではいかない事だけど少し気になった事をなんとなく聞いてみた。
「そういやスルガ」
「なんだい?好きなコンビ二は24時間営業だぜ」
いや聞くか!そもそもコンビニ好きならもうちょっと店絞る形でいこうよ!誰が24時間営業かそうじゃないかで分けるかい。
「いや、そうじゃない。さっき、武器の説明で言ってたろ。スルガが抜いた武器ってのは僕の感情だって。その感情って一体どの感情なのかなと思って」
「あの武器か。威砂貴。感情ってのは第一感情と第二感情ってのがあってな。まあ分かりやすく言えば第一感情ってのは心の一番はっきりしてる反射的な感情だ。つまりは喜怒哀楽と言われるもの。その第一感情ってのは僕の得意ジャンルなんだがね。そして第二感情ってのはその第一感情のリミックス、というか要は心の揺れるもの、嫉妬や楽観、そのような感情だよ」
なにか分かったような分からないような。まあ、単純に言えば喜怒哀楽以外の感情が第二感情というやつなのだろう。
「で、僕はどっちなの?」
「ああ、威砂貴は第二感情の方だ」
そうか。言われれば初めに会った時にキムさんが僕の事をセカンドって言ってたっけ。
「それで、その僕の感情はなんだったの?」
「ああ、それか。威砂貴の中の一番強い感情を引き抜かせてもらったが、それはね」
スルガはその感情を当たり前のように言い放った。僕はそれを聞いて心が動いてない事に気付き、スルガの言った事を深く不覚にも正解だなと思ってしまった。
「威砂貴の最大感情、それは絶望だよ」

13.4.23

「スルガと僕の感情大戦vol13」

                   ◇

第2幕

しかして僕は学校に着いたのはもう二時限目も終わりに差し掛かってる十時半前であって、その時間になった理由を先生に聞かれるも、良い言い訳がなんにも思いつかなかったので一度本当の事を言ってみようと思った。
「来る途中に赤髪の女の子に出会いまして、その女の子がとんでもなく襲われてたので助けようと思ってたら僕の体から剣が出てきまして、あ、そうだ、言い忘れてましたけどねその赤髪の女の子の肩には喋るキノコがいまして」
と、ここまで言った時点で
「あ、そうかそうか。分かった。多感な時期だもんな。よし、分かった、葉壁。次からは何かあったら先生に相談しろ」
何かとんでもない誤解を招いた予感。しかしまあそれはそれでこちらとしては都合が悪くない話だ。無理に嘘をつかなくてもこの正真正銘ちゃんとした理由で怒られる事もなかったというだけで奇跡ではないか。なんて思って自分の机に座る。
「おい、こんな時間に来るなんてどうした?社長出勤にも程があるじゃないか」
小声で喋りかけてきたのは隣の席の橘薫。この八坂条学園に入って一番初めに仲良くなった同級生。まあ、仲良くなったと言っても橘の方からグイグイと
「なあ!俺橘!なんとなく次目が合ったやつとは一生親友な気がしてたんだ!それが君だ!よし!親友になろう!」
なんてもう友情の押し売りというかもうオレオレ詐欺ばりの内容で、初めから会話のイニシアチブを握っていた男だ。僕以外にも親友なんて100人以上ササッと作って遠足でおにぎりを皆と食べてもおかしくないというのに、親友どころか他の同級生と喋ってる素振りがあまりない。それを一度聞いたら
「いや、別にあのタイミングで目があったのがお前だけなんだからお前以外と仲良くなる意味がないだろ」
と割と素のトーンで言われたのを思い出す。なんか不思議なやつだが、別に嫌いになる要素なんてないのでこんな感じでダラダラいつも同じ時間を過ごす。
「何があったんだよ!」
「別に何もないよ。なんとなくボーッとしてたらこんな時間になってて」
すると橘は少しだけ声を大きくした。
「バカ言え!じゃあお前は毎日遅刻する事になるじゃないか!」
…こいつ。けっこうな事言ってくれるじゃないか。まあわりかしボーッとしてる方かもしれないが、そんなに責められる程ではない…はずだ。
「いや、別にいいだろ。高校生男子が学校遅刻。そんなにトピックスになる程の事ではないだろ」
「まあ確かにな。しかし、あの姫君はどうだい?」

13.5.1

「スルガと僕の感情大戦vol14」

橘が姫君というのは誰の事か知っている。ひとつため息をついて右に首を動かしてみる。
すると案の定、右斜め後ろの席の有里音がその大きな目を潤ませながら不安そうにこちらを見ている。〇〇そうにこちらを見ているなんて、超有名RPGの台詞みたいで気がひける。いや、あれは仲間になりたそうに見ている訳で、この場合の目線とは当然違う。違う。違う違う!今そんな話どうでもいい!つまり有里音はこちらをすごく不安に見ているという事だ。それも当然だ。有里音とは学校に行く前に出会ってる訳で、遅れた理由を聞かれるのは必至だ。説明はおそらく次の休憩時間にはしなきゃいけないし、先生に伝えたような本当の事は伝えられないだろうから、何かこの授業が終わるまでには考えなくてはならないな。
そんな日常。

あれこれ少しずつ差はあれど毎日こんな明るい皆に囲まれて、悩みもありながら日は過ぎていききっとこの学生生活は楽しいまま過ぎていくのだろう。

そこが絶望なのだ。

僕はおおよそ何かに突出したような才能を持っていない。はっきり言おう。僕はただのどこにでもいるような人間であり、それは誰がどう言おうが揺るがないものだ。明日奇跡が起ころうが僕は一生メジャーリーガーにはなれないしミリオンを叩き出す優しいラブソングを歌い上げる事もない。ただの日常。それが延々続いていく。僕はそれを幼い時、6歳の時にその事実に気付いてしまった。当時僕が唯一遊んでいたあの男のおかげで。完璧な完全な完遂なあの男のおかげで。あの男は何をやっても全てが一番だった。今までやった事もない事をその場でやっても、10年やってる大人よりもそれをこなす事が出来るあの男。
まあともかく僕はそのあまりにもの才能に向き合ったせいでそこからの人生を、80年くらい生きるかもしれないと言われるその長い年数をたった一瞬で見抜いてしまったのだ。きっと僕はこんな人生だと。あまりにも眩しい光の前で産まれる濃い影。
それから毎日僕はどれだけ笑おうが泣こうがどこか醒めてしまっていた。だってそれは僕の死ぬまでのたった一つの行事でしかないのだから。クリアするまでの内容が初めから分かってるゲームをどうやって楽しめば良いのだろうか。
平凡平凡平凡。
いや、決して平凡が悪い訳ではないんだ。
幼い時に見えてしまった自分の未来。
それはまた別だお前の可能性じゃないか、なんて叱咤する人もいるだろう。
違う。そんな事を言えるのは本当の完璧を見てないからだ。

13.5.8

「スルガと僕の感情大戦vol15」

なんて思考が途切れたきっかけは有里音が僕の机を叩いた音だった。
「もーう、いさちゃん!なんであんなに遅刻したの!あの時にあそこにいたんだからどれだけゆっくり来ても一時限目の途中には間に合ってるじゃないの!」
その様を橘が横でニヤニヤして見ている。
「そうだよな有里音ちゃん。ほらやっぱり心配してるだろ。有里音ちゃんもう首輪をこいつに付けて毎朝連れてきてやりなよ」
「え!?そ、そんな首輪だなんて…そんな橘君!そ、そりゃ毎日一緒に学校に来たいけどさ…って、にゃ、にゃに言わせるのよ!」
有里音は真っ赤になりながらとんでもなく可愛い噛み方をして、それによりもっと顔が赤くなっていった。それを見てまたニヤニヤしている橘。いつもの光景だ。
「いや、それは本当にいろいろあってさ」
しかしそれだけでは片付かない事は分かってるのだが。それでもそう言わないと。本当の事を言った時の有里音のひく顔と共に橘のニヤニヤが最高潮になるのはもう必至だ。
「おいおい、何か本当の事を隠してるんじゃないんですか?おいおい!本当の事言えよ!」
この橘というのはなんでこんなにポカンとしてるのにこのあたりだけ勘が良いのだろうか。しかもこんなにズバズバと。
「何もないって言ってるだろ!」
「いやいや、あなた嘘ついてる時はいつも眉毛が上がるからねえ」
そう言われてぱっと眉毛を触ったのが運の尽き。ニヤリとした橘。怒ってるのだが不安の方が勝ってるという微妙な顔をした有里音。ダメだ。溜息しか出てこない。
「やっぱり嘘ついてるんでしょいさちゃん!もう!何があったの?!」
「いやだから別に何もないって…」
「そんな訳ないでしょ!何?私にも言えないの!ねえ!いさちゃん!いさちゃんって!」
それをいかに否定しようかと思った瞬間に前から聞き覚えのない声が聞こえた。

「うるさいな!」